楸邨の冬の句アンケート

安達太良の瑠璃襖なす焚火かな     楸邨

(あだたらの るりふすまなす たきびかな)

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ     楸邨

(このは ふりやまず いそぐな いそぐなよ)

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる     楸邨

(あんこうの ほねまでいてて ぶちきらる)

落葉松はいつめざめても雪降りをり     楸邨

(からまつは いつめざめても ゆきふりおり)

葱切って溌剌たる香悪の中     楸邨

(ねぎきって はつらつたるか あくのなか)

冬帽を脱ぐや蒼茫たる夜空     楸邨

(ふゆぼうを ぬぐやそうぼう たるよぞら)

---------------------------------------------------------------------------------

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
安達太良の瑠璃襖なす焚火かな
冬帽を脱ぐや蒼茫たる夜空
木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
葱切って溌剌たる香悪の中
落葉松はいつめざめても雪降りをり
鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる