芭蕉の春の句アンケート

さびしさやはなのあたりのあすなろう     芭蕉

ほろほろと山吹散やまぶきちるかたきの音     芭蕉

古池ふるいけ蛙飛かわずとびこむみずの音     芭蕉

山路来やまじきなにやらゆかしすみれぐさ     芭蕉

はな雲鐘くもかねは上野か浅草か     芭蕉

蛇喰ふへびくうと聞けばおそろし雉子きじの声     芭蕉

春なれや名もなき山の薄霞うすがすみ     芭蕉

辛崎からさきの松は花よりおぼろにて     芭蕉

行く春や鳥啼とりなき魚の目は涙     芭蕉

行く春を近江おうみの人と惜しみける     芭蕉

草の戸も住み替る代かわるよひなの家     芭蕉

何の木の花とは知らずにおいかな     芭蕉

春立ちてまだ九日の野山のやまかな     芭蕉

さまざまの事おもひおもい出す桜哉さくらかな     芭蕉

子に飽クあくと申す人には花もなし     芭蕉

---------------------------------------------------------------------------------

 

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
草の戸も住み替る代ぞ雛の家
行く春を近江の人と惜しみける
春なれや名もなき山の薄霞
辛崎の松は花より朧にて
子に飽クと申す人には花もなし
何の木の花とは知らず匂いかな
春立ちてまだ九日の野山かな
さびしさや花のあたりのあすなろう
さまざまの事おもひ出す桜哉
古池や蛙飛びこむ水の音
行く春や鳥啼き魚の目は涙
花の雲鐘は上野か浅草か
蛇喰ふと聞けば恐ろし雉子の声
山路来て何やらゆかしすみれ草
ほろほろと山吹散るか瀧の音