芭蕉の夏の句アンケート

あらたふととうと青葉若葉あおばわかばの日の光     芭蕉
やがて死ぬけしきは見えずせみの声     芭蕉

五月雨さみだれを降り残してや光堂ひかりどう     芭蕉

五月雨さみだれを集めて早し最上川もがみがわ     芭蕉

きょうにてもきょうなつかしやほととぎす     芭蕉

六月ろくがつや峯に雲おく嵐山あらしやま     芭蕉

子ども等よ昼顔ひるがお咲きぬうりむかん     芭蕉

のあたり目に見ゆるものは皆涼し     芭蕉

清瀧きよたきなみに散りこむ青松葉あおまつば     芭蕉
竹の子やおさなき時の絵のすさび     芭蕉

しずかさや岩にしみ入るせみの声     芭蕉
面白おもしろうてやがて悲しき鵜舟うぶねかな     芭蕉

雲の峰いくつくず れて月の山     芭蕉
夏草なつくさつわものどもが夢のあと      芭蕉

き我をさびしがらせよ閑古鳥かんこどり     芭蕉

さざれ蟹足はひがにあしはいのぼる清水かな     芭蕉

草の葉を落つるより飛ぶほたるかな     芭蕉

木隠こがくれて茶摘ちゃつみも聞くやほととぎす     芭蕉

五月雨さみだれの空吹き落とせ大井川     芭蕉

蛸壺たこつぼやはかなき夢を夏の月     芭蕉

夕顔ゆうがおや酔うて顔出す窓の穴     芭蕉

清滝きよたき水汲みずくみよせてところてん     芭蕉
---------------------------------------------------------------------------------

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
草の葉を落つるより飛ぶ蛍かな
竹の子や稚き時の絵のすさび
五月雨を降り残してや光堂
閑かさや岩にしみ入る蝉の声
あらたふと青葉若葉の日の光
清瀧や浪 に散りこむ青松葉
面白うてやがて悲しき鵜舟かな
憂き我をさびしがらせよ閑古鳥
夕顔や酔うて顔出す窓の穴
子ども等よ昼顔咲きぬ瓜むかん
さざれ蟹足はひのぼる清水かな
五月雨の空吹き落とせ大井川
夏草や兵どもが夢の跡
此のあたり目に見ゆるものは皆涼し
雲の峰いくつ崩れて月の山
やがて死ぬけしきは見えず蝉の声
六月や峯に雲おく嵐山
木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす
蛸壺やはかなき夢を夏の月
京にても京なつかしやほととぎす
五月雨を集めて早し最上川
清滝の水汲みよせてところてん