夏の句アンケート

夕風や水青鷺あおさぎはぎを打つ     蕪村
行々ゆきゆきてここに行々ゆきゆく夏野かな     蕪村
はすの香や水を離るる茎二寸     蕪村
花いばら故郷こきょうの路に似たるかな     蕪村
飛蟻はありとぶや富士の裾野すそのの小家より     蕪村
蚊帳かやの内にほたる放してアア楽や     蕪村
青梅あおうめまゆあつめたる美人かな     蕪村
涼しさやかねをはなるゝかねの声     蕪村
せきとして客の絶え間のぼたんかな     蕪村
みじか夜や毛むしの上につゆの玉     蕪村
しののめやをのがれたる魚浅し     蕪村
ほととぎす平安城を筋違すじかいに     蕪村
夏河を越すうれしさよ手に草履ぞうり     蕪村
さみだれや大河たいがを前に家二軒     蕪村
をちこちにたきの音聞く若ばかな     蕪村
うれいつつ岡にのぼれば花いばら     蕪村
牡丹散ぼたんちってうちかさなりぬ二三片     蕪村
若竹や夕日の嵯峨さがとなりにけり     蕪村
落合おちおううて音なくなれる清水かな     蕪村
絵団扇えうちわのそれも清十郎とお夏かな     蕪村
腹あしき僧こぼし行く施米せまいかな     蕪村
うは風に音なき麦をまくらもと     蕪村
広庭の牡丹ぼたんや天の一方に     蕪村
鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門よわのかど     蕪村

---------------------------------------------------------------------------------

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
しののめや鵜をのがれたる魚浅し
若竹や夕日の嵯峨となりにけり
蚊帳の内にほたる放してアア楽や
広庭の牡丹や天の一方に
夏河を越すうれしさよ手に草履
涼しさや鐘をはなるゝかねの声
青梅に眉あつめたる美人かな
絵団扇のそれも清十郎とお夏かな
夕風や水青鷺の脛を打つ
花いばら故郷の路に似たるかな
蓮の香や水を離るる茎二寸
さみだれや大河を前に家二軒
牡丹散ってうちかさなりぬ二三片
寂として客の絶え間のぼたんかな
飛蟻とぶや富士の裾野の小家より
愁いつつ岡にのぼれば花いばら
ほととぎす平安城を筋違に
落合うて音なくなれる清水かな
腹あしき僧こぼし行く施米かな
みじか夜や毛むしの上に露の玉
をちこちに瀧の音聞く若ばかな
行々てここに行々夏野かな
鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門
うは風に音なき麦を枕もと