碧吾桐の夏の句アンケート

 

撫子や海の夜明けの草の原     碧吾桐

(なでしこや うみのよあけの くさのはら)

空をはさむ蟹死にをるや峰の雲     碧吾桐

(くうをはさむ かにしにおるや みねのくも)

雪を渡りてまた薫風の草花踏む     碧吾桐

(ゆきをわたりて またくんぷうの そうかふむ)
 

---------------------------------------------------------------------------------

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
撫子や海の夜明けの草の原
空をはさむ蟹死にをるや峰の雲
雪を渡りてまた薫風の草花踏む