秋桜子の春の句アンケート

馬酔木咲く金堂の扉にわが触れぬ     秋桜子

(あしびさく こんどうのとに わがふれぬ)

鶯や前山いよよ雨の中     秋桜子

(うぐいすや ぜんざんいよよ あめのなか)

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり     秋桜子

(こしかたや あしびさくのの ひのひかり)

蟇ないて唐招提寺春いづこ     秋桜子

(ひきないて とうしょうだいj はるいずこ)

葛飾や桃の籬も水田べり     秋桜子

(かつしかや もものまがきも みずたべり)

夕東風や海の船ゐる隅田川     秋桜子

(ゆうごちや うみのふねいる すみだがわ)

石楠花や谷をゆるがす朝の鐘     秋桜子

(しゃくなげや たにをゆるがす あさのかね)

---------------------------------------------------------------------------------
 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
葛飾や桃の籬も水田べり
蟇ないて唐招提寺春いづこ
鶯や前山いよよ雨の中
石楠花や谷をゆるがす朝の鐘
来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり
夕東風や海の船ゐる隅田川
馬酔木咲く金堂の扉にわが触れぬ