秋桜子の冬の句アンケート

しぐれふるみちのくに大き仏あり     秋桜子

(しぐれふる みちのくにおおき ほとけあり)

冬菊のまとふはおのがひかりのみ     秋桜子

(ふゆぎくの まとうはおのが ひかりのみ)

鳥総松枯野の犬が来てねむる     秋桜子

(とぶさまつ かれののいぬが きてねむる)

むさしのの空真青なる落葉かな     秋桜子

(むさしのの そらまさおなる おちばかな)

寒鯉はしづかなるかな鰭を垂れ     秋桜子

(かんごいは しずかなるかな ひれをたれ)

落ち葉焚くけむりまとひて人きたる     秋桜子

(おちばたく けむりまといて ひときたる)

鶴とほく翔けて帰らず冬椿     秋桜子

(つるとおく かけてかえらず ふゆつばき)

---------------------------------------------------------------------------------

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
鶴とほく翔けて帰らず冬椿
落ち葉焚くけむりまとひて人きたる
しぐれふるみちのくに大き仏あり
むさしのの空真青なる落葉かな
鳥総松枯野の犬が来てねむる
寒鯉はしづかなるかな鰭を垂れ
冬菊のまとふはおのがひかりのみ