宮沢賢治の俳句

目刺し焼く宿りや雨の花冷えに     賢治

(めざしやく やどりやあめの はなびえに)

ごみごみと降る雪空の暖かさ     賢治

(ごみごみt ふるゆきぞらの あたたかさ)

たそがれてなまめく菊のけはひかな     賢治

(たそがれて なまめくきくの けはいかな)

夜となりて他国の菊もかほりけり     賢治

(よるとなりて たこくのきくも かおりけり)

灯に立ちて夏葉の菊のすさまじき     賢治

(ひにたちて なつばのきくの すさまじき)

鳥の目にあやしきものや落し角     賢治

(とりのめに あやしきものや おとしずの

蟇ひたすら月に迫りけり     賢治

ひきがえる ひたすらつきに せまりけり)

西東ゆげ這ふ菊の根元かな     賢治

(にしひがし ゆげはうきくの ねもとkなな)

---------------------------------------------------------------------------------

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
鳥の目にあやしきものや落し角
目刺し焼く宿りや雨の花冷えに
灯に立ちて夏葉の菊のすさまじき
たそがれてなまめく菊のけはひかな
蟇ひたすら月に迫りけり
夜となりて他国の菊もかほりけり
ごみごみと降る雪空の暖かさ
西東ゆげ這ふ菊の根元かな