芭蕉の秋の句アンケート

あかあかと日は難面つれなくも秋の風     芭蕉
十六夜いざよいはわづかに闇のはじめかな     芭蕉
名月めいげつや池をめぐりて夜もすがら     芭蕉
此の道このみちや行く人なしに秋の暮     芭蕉
白露しらつゆもこぼさぬ萩のうねりかな     芭蕉
秋深きとなりは何をする人ぞ     芭蕉
秋風の吹けども青しくりのいが     芭蕉
稲妻いなづまさとらぬ人のたっとさよ     芭蕉
荒海あらうみや佐渡に横たふよこたう天の河あまのがわ     芭蕉
蜘蛛何くもなんをなにと鳴く秋の風     芭蕉
きあがる菊ほのかなり水のあと     芭蕉
ざらしを心に風のしむ身かな     芭蕉
菊のや奈良には古き仏達     芭蕉
物いへば唇寒くちびるさむし秋の風     芭蕉
吹き飛ばす石は浅間の野分のわきかな     芭蕉
芭蕉野分ばしょうのわきしてたらいに雨を聞く夜哉     芭蕉
道のべの木槿むくげは馬に喰はれけり     芭蕉
はまぐりのふたみに別れ行く秋ぞ     芭蕉
青くてもあるべきものを唐辛子とうがらし     芭蕉
朝な々々あさなあさな手習すヽむてならいすすむきりぎりす     芭蕉

 ---------------------------------------------------------------------------------

 

 

最高に好き(☆☆☆)かなり好き(☆☆)好き(☆)どちらともいえない好きではない(★)俳句の意味が分からない
菊の香や奈良には古き仏達
芭蕉野分して盥に雨を聞く夜哉
稲妻に悟らぬ人の貴さよ
名月や池をめぐりて夜もすがら
荒海や佐渡に横たふ天の河
吹き飛ばす石は浅間の野分かな
白露もこぼさぬ萩のうねりかな
十六夜はわづかに闇のはじめかな
野ざらしを心に風のしむ身かな
朝な々々手習すヽむきりぎりす
あかあかと日は難面も秋の風
起きあがる菊ほのかなり水のあと
秋深き隣は何をする人ぞ
道のべの木槿は馬に喰はれけり
蛤のふたみに別れ行く秋ぞ
青くてもあるべきものを唐辛子
蜘蛛何と音をなにと鳴く秋の風
物いへば唇寒し秋の風
秋風の吹けども青し栗のいが
此の道や行く人なしに秋の暮